PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎原発めぐる東電文書か、NPOが入手

 NPO法人・原子力資料情報室(東京・新宿区)は21日、中越沖地震で被災して停止中の東京電力柏崎刈羽原発の運転再開へのスケジュールなどが記された「新潟地域における理解活動の展開(案)」という文書を入手したことを明らかにした。東電の内部文書と見られ、今年8月から「耐震性向上工事」、12月から「再起動への理解」、来年1月から「順次運転再開」とある。

 この文書は先週末、郵便でコピーが送られてきたとしており、A3判1枚の表。4月22日の日付が入っている。「主工程」「訴求テーマ」と、県・市・刈羽村での議会日程などを記載。考慮すべき事項として、11月の市長選をはじめ首長選前は表立った理解活動を行わないことや、市・村域については基準地震動公表などの節目で「議会説明」→「住民説明会」→「地域の会」をセットで実施することなど5項目を挙げている。

(2008/ 5/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。