PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
下大新田で露地イチゴ出荷がピーク

 太陽の光を浴びた露地栽培イチゴの味は最高――市内下大新田の苺(いちご)組合(中沢房之組合長・組合員11人)で、地域のお年寄りらが丹精したイチゴの出荷がピークを迎えている。

 下大新田では1960年代に女性、お年寄りでも出来る農業を目指して、露地栽培のイチゴに取り組み始めた。農薬を使わないなど早くから安全・安心の農業を推進し、最盛期には毎日、大型トラックで市場に出荷するまでになった。現在は組合員の高齢化、減少で栽培面積は少なくなったが、新鮮な朝摘みの良さを守っている。

 中越沖地震は別山川沿いの同集落にも大きな被害を与え、中沢組合長宅など四世帯が全壊した。半壊の家も多い。そんな中でもていねいにイチゴを育て、今月の連休明けから柏崎農協を通じて市場に出荷している。

 住宅が全壊し、プレハブの建物で暮らす副組合長の元井賢郎さん(75)は、母親に次いで親子二代でのイチゴ栽培。「夏と冬を繰り返すような天候で、最初は心配したが、ここにきてイチゴが元気になってきた」とニコニコ顔。

(2008/ 5/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。