PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
郡病院で外来ガイドボランティア呼び掛け

 市内北半田2、刈羽郡総合病院(小林勲院長)で21日、旧職員、元看護師、市民らによる外来ガイドボランティア(田中こゆき代表)が車いす操作講習を受けた。ガイドボランティアは外来患者のサポート役として大きな役割を担うだけに、介助の実技に真剣そのもの。ただ、中越沖地震以降、諸事情から参加者が減っており、仲間の輪を広げていきたい考えだ。

 ガイドボランティアは、医師、看護師など医療スタッフ不足が深刻な同病院の状況に、市の医療問題懇談会で委員が「地域で病院を支えたい」と提言し、2006年暮れから活動を開始した。現在の登録数は20人。しかし、地震で被災し、活動が困難になるなどいろいろな事情で実際に活動する人が10人ほどになってしまった。

 活動は午前9時から10時半、主に1階フロアで病院スタッフと協力して外来受け付けを手伝い、車いすの介助、初診・診療科の案内、移動、再来受付機の操作、書類記入のサポートなど。ボランティアの問い合わせは刈羽郡総合病院地域保健福祉部の神田さん(電話23―2165)へ。

(2008/ 5/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。