PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
都道府県なぎなた大会の演技で本県準優勝

 第49回都道府県対抗なぎなた大会(全日本なぎなた連盟主催)は24・25日、刈羽村生涯学習センター・ラピカで演技と試合が行われ、演技では枡本明理・池田晴代組(新潟)が準優勝し、新潟は総合成績で4位に入った。ラピカは来年のトキめき新潟国体のなぎなた競技会場。

 大会は演技に46組、試合に45チームが出場し、熱戦を繰り広げた。国体の試合は3人だが、今大会は5人の団体戦。本県は1回戦で愛媛に敗れた。地元出場の池田選手(常盤高講師)は「この大会のために連日夜遅くまで準備をしてくれた皆さんのためにも試合で勝って何とか形にしたかった」と、演技準優勝の喜びよりも悔しさをにじませた。

(2008/ 5/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。