PHOTOニュース

市制施行80周年の歩みを各種資料で振り返ったミニ展示=ソフィアセンター (2020/07/10)


「海で水球in柏崎」写真展を開催中の黒崎さん=5日、市内笠島、蔵ギャラリーMoku (2020/07/09)


1階開架スペースに設けられたビジネス支援コーナー。仕事のスキルアップなど約700冊が一つのコーナーに集められた=ソフィアセンター (2020/07/08)

>>過去記事一覧
北京五輪へ富沢選手の激励会

 北京五輪のセーリングRSX級日本代表で、柏崎市出身の富沢慎選手(23)の激励会が5月31日、市民プラザで行われ、地元の体育関係者や母校・柏工の同窓生、級友ら約200人が集まり、北京での活躍を期待した。富沢選手は「皆さんの応援を励みにメダルを目指して最後まで全力で戦う。4月に欧州遠征に行き、一番になりたいという気持ちが強くなった。北京の本番でその気持ちをぶつけたい」と決意を語った。

 富沢選手は小学2年からウインドサーフィンを始め、高校時代にユース世界大会に出場。関東学院大時代はインカレ、国体で優勝し、関東自動車工業に入社。今年1月にニュージーランドで行われた五輪選考会で日本人1位となり、五輪出場を決めた。柏崎からの五輪出場は20年ぶり5人目。

 激励会は市体育協会(高橋保会長)が主催し、柏工同窓会(村山忠利会長)が共催した。会場には、五輪出場を決めた時のオリンピック艇も展示。高橋会長は「海のまち、風のまち柏崎に最もふさわしい競技。北京では今までの経験、素晴らしい技術、涙と汗の試練をぜひとも金メダルにつなげてほしい」と述べた。同窓生でもある村山健一・柏工校長は「創立69年の歴史の中で五輪出場は初の快挙。生徒にとっても富沢選手の活躍は大きな誇りと目標となり、本校の活性化に貢献している」とたたえた。

(2008/ 6/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。