PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
東電が基準地震動の地域説明会

 東京電力は2日夜、中越沖地震を受けて柏崎刈羽原発で改めて策定した設計想定用の地震動(基準地震動)について、地域住民への説明会を刈羽村老人福祉センターで開いた。参加者からは、国の審議会と県の技術委員会で周辺活断層が議論されている段階で基準地震動を公表したことや、耐震補強工事が始まることに「(運転再開へ)一刻も早く進めようとしている」と批判の声が上がった。高橋明男・同原発所長は「地質調査の結果を国に報告し、次のステップとして基準地震動を出した。国・県での審議は適切に反映していく」としたほか、「新たな知見によって耐震工事を進めていくことは当然であり、安心してもらうための強化を図る。先を急ぐのでなく、やるべきことを一つひとつ積み重ねる」と理解を求めた。

 中越沖地震後、東電の地域説明会は4回目となり、村民ら約80人が集まった。

(2008/ 6/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。