PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
農業委が消費者協会と初懇談

 市農業委員会(山波家希会長)と市消費者協会(荻原玲子会長)との初の懇談会が25日、市役所で開かれ、安全・安心な米の生産や環境保全に果たす農業の役割などで意見を交換した。

 今年2月に開催した農業委員会と認定農業者との意見交換会で、農業者と消費者の交流が強く提起され、農業委員会が消費者協会に呼びかけて懇談会が実現した。農業委員会からは山波会長、農政、農地部会長ら8人、消費者協会からも荻原会長ら9人。オブザーバーとして、市認定農業者等連絡協議会(室賀則顕会長)の正副会長、柏崎農協、市農林水産課が出席した。

 冒頭のあいさつで山波会長は、担い手不足やほ場整備の遅れなどの課題や、世界的な食糧危機が言われる中での減反政策を説明し、「市民の理解を得ながら、農業基盤の整備を進め、安全・安心な地場の農産物を提供したい」と述べた。荻原会長は「地産地消の取り組みには以前から関心を持っており、安全なものを選ぶ目を養いたい。消費者と生産者が相互理解し、共存できるように」と強調した。

(2008/ 6/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。