PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
2大学と地域の連携考える初懇談会

 新潟産大、新潟工科大の2つの4年制大学が立地する柏崎で大学と地域との連携を考える懇談会が1日、柏崎商工会議所で初会合を開いた。

 メンバーは地元産業界、教育界、有識者の15人。オブザーバーは市と両大学。18歳人口の減少と大学の増加で2008年度入試では私大の5割弱が定員割れとなり、地方大学の経営環境は厳しさを増している。産大では2000年度から、工科大では07年度から定員割れが続く。一方、1992年春以降、両大学で計約6400人の就職者のうち、柏崎地域への就職は390人。出身者の約3割に当たる202人と、出身者以外の188人が柏崎地域に就職した。

 懇談会で産大は学部改編、教職員削減など経営改革の取り組みを挙げ、「入学定員160人の確保が最重要課題」とした。工科大は建学理念の推進と大学改革を目指す中期計画を08年度から5カ年でスタートしたとし、「県外の私立工科大と戦っている」と述べた。

 意見交換では出身者以外の管内就職、産大が持つ中国との人的ネットワークの潜在力を評価する声があった。産業界は産大に「入学者の減少に合わせて定員を減らすのではなく、積極的なビジョン、高い目標を」「大学の特徴、地域、商店街、産業界との接点が少ない」と注文をつけ、両大学に学生の体力、職業に直結する資格選定を求めた。

(2008/ 8/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。