PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
留学生が震災体験記の出版報告会

 柏崎地域国際化協会が7月に発刊した市内在住外国人、留学生の中越沖地震体験記「あのとき、あの瞬間!」の出版記念報告会が7日、新潟産大で開かれた。モンゴル語などに翻訳し、四川大地震で地震への関心が高まる中国でも発行を目指す。

 体験記は来日する後輩、外国人に教訓を伝え、防災に生かそうと、国際協力機構の義援金で2000部を作った。協会の日本語教室参加者、留学生ら45人の寄稿などを収録。留学生は日本語で書いてモンゴル語、中国語に翻訳し、母国語にはない「余震」「避難所」「仮設住宅」などの用語に注釈を付けた。

 報告会では編集委員、寄稿者が教職員、協会関係者らに編集の取り組み、体験を発表した。留学生は「用語の統一に苦労した」「ふるさとの人にこの本が役立ってほしい」などと述べた。

(2008/ 8/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。