PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
被災の山本団地で暗きょ工事進む

 中越沖地震で現在も24世帯・58人に避難勧告が出ている市内山本団地で、「大規模盛土造成地滑動崩落防止事業」により、地下水位を下げるための暗きょ排水工事が進められている。

 山本団地は1971年に造成された住宅団地。北西側に約70メートルの小高い砂丘があり、ここから階段状に住宅が並んでいる。砂地盤で地下水位が高く、中越沖地震では液状化現象が起こり、地盤が地滑り・移動。宅地や建物、道路などに大きな被害が発生した。市が地震直後に調査した地下水位は団地の東側で地表から44センチとかなり高い位置にあった。

 市では滑動防止に地下水位を下げる必要があるとして、国の大規模盛土造成地滑動崩落防止事業を導入。この事業は、阪神大震災を契機に、大規模な谷埋め盛土造成地などで被害発生前に滑動崩落防止対策工事を実施する市町村や組合に対して、工事費用の一部を支援するもので、特例として被災後に認められた。

(2008/ 8/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。