PHOTOニュース

放射線物質の付着を確かめるスクリーニング訓練。市内の枇杷島地区の人たちが参加した=24日、上越市の直江津港南ふ頭緑地公園 (2020/10/26)


北半田のアパートの一室で発覚した死体損壊・遺棄事件で、都内から捜査本部のある柏崎署に移送された佐藤容疑者=23日午前2時過ぎ、同署 (2020/10/23)


柏崎署に設置された捜査本部。会見を行う金子隆柏崎署長、岡本義美刑事部長、中俣進捜査1課長(左から)=21日午後7時過ぎ、柏崎署 (2020/10/22)

>>過去記事一覧
刈羽村でお盆彩るふるさとまつり

 第29回刈羽村ふるさとまつり(同まつり協賛会など主催)が15日、ラピカと北側駐車場で行われ、震災からの復興を目指す花火が夜空を彩った。

 心配された天候の崩れはなく、駐車場の特設会場に露店が並び、縁日気分を盛り上げた。協賛行事の「アトムフェスタ」では電気自動車などの試乗が行われ、テレビ番組のキャラクターショーやステージイベントが家族連れの人気を集めた。海洋生物環境研究所の海の生き物プールでは子供たちがカニやヒトデなどに触り、大喜びだった。

 整理券配布で早朝から列ができた歌謡ショーには前川清さん、水森かおりさんらが出演。開始時1500人が入場し、品田村長は「1年でここまで復旧を成し遂げた。歩みを止めず、復興を果たそう」と呼び掛けた。司会の大倉修吾さんと出演者の軽妙なやりとり、次々と繰り出されるヒット曲に会場は沸いた。

(2008/ 8/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。