PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
わたしの主張柏刈大会、渡辺君が最優秀

 「わたしの主張2008柏崎・刈羽地区大会」(柏崎・刈羽広域青少年対策推進協議会主催、柏崎市・刈羽村教育委員会、同青少年健全育成市村民会議、柏崎ライオンズクラブ共催)が18日、市民プラザで開かれた。柏刈の中学生代表14人が県大会出場をかけ、熱のこもった発表を行った。

 大会は1979年の国際児童年から始まり、今年で30回目。昨年は中越沖地震のためにテープ審査を行い、歴史をつなげた。今年は校内選抜を経た男子6人、女子8人が1人約5分の持ち時間でそれぞれの思いを主張した。7人の審査員が論旨、表現、態度などの点から総合的に審査した結果、最優秀賞には「関(かか)わりから学ぶ大切なこと」のテーマで発表した二中3年・渡辺健太君に決まった。

 渡辺君は中越沖地震で被災地支援のために駆けつけてくれた大勢の人の姿から、人と人のかかわりを学び、人としてのあるべき姿にいろいろと思いをめぐらすようになったことなどを述べた。「人生の材料は経験」といい、「1つ1つの経験を大事にしながら、それを積み重ねていくことが、自分を豊かにしてくれる」などを強く訴えた。

(2008/ 8/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。