PHOTOニュース

合併協定調印を行った鵜川振興協議会の関会長(右から3人目)、野田コミュニティ振興協議会の力石会長(同5人目)ら=14日、鵜川コミセン (2021/01/15)


飯塚鉄工所の軽井川工場。隣接地約1万8千平方メートル(写真手前)に新工場を建設する=柏崎フロンティアパーク (2021/01/14)


「セブンさぽーたーズ・えんまの手鏡」の「合格祈願」セット (2021/01/13)

>>過去記事一覧
柏崎の夏野菜使った新メニュー試食会

 柏崎産の夏野菜を使った新メニューの試食会が20日、市内半田のレストランで開かれた。主催は市担い手育成総合支援協議会(会長=今井長司・柏崎農協経営管理委員会会長)。同協議会のマーケティングアドバイザーを務める主婦や栄養士、学校給食調理員、農業関係者ら52人が参加し、16品を味わった。

 市、農業機関・団体では今年、柏崎地域の伝統野菜の復活、新しい園芸産地づくりに力を入れており、夏野菜を使った新メニュー試食会も取り組みの1つ。同協議会が初めて企画した。

 この日の食材は、宮之下産の緑ナス、藤橋産ズイキをはじめ、市農業振興公社や川口農場、西山町内で栽培されたトマト、枝豆、刈羽節成きゅうり、タマネギ、カボチャ、ユウガオなど。これらを使い、緑ナスの田楽、トマトソースチーズ焼き、枝豆たっぷりのピザやご飯、トマトの冷製パスタなど16品が並んだ。

 参加者からは「トマトの甘みが際だっている」「緑ナスは皮が柔らかく、あくやくさみがない。田楽がおいしい」「ズイキの油炒めは初めて食べた。これなら子どもたちからも喜ばれそう」「刈羽節成きゅうりの和風サラダはさっぱりしていて食べやすい」などの声が聞かれた。

(2008/ 8/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。