PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
夏惜しみ、西山町長嶺でハス開花続く

 ハクチョウの飛来地で知られる市内西山町長嶺の大池で、盛夏を過ぎてハスの開花が続いている。

 長嶺の大池は外周約1キロの農業用ため池で、1994年夏に渇水で干上がった後、ハスが増えた。開花は7月から始まり、通常の年なら花期は8月下旬ごろまでだが、年によっては9月半ばごろまで咲き続けることがある。

 濃淡の紅色に混じって白い花弁が映え、辺りに甘い香りを放っている。シーズン中、開花をねらってカメラを構える写真愛好家もいる。

 近くの住民は「今年は若いつぼみが多いので、まだまだ咲くだろう。開花の音? 聞いたことがない。水量を落としたら、ハスが増えたように見える」と話している。

(2008/ 8/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。