PHOTOニュース

県内外の家族連れらでにぎわう番神海水浴場=1日 (2021/08/02)


ふるさとで2度目の個展を開く吉田信夫さん。開催に向け、準備を進める=市内北条 (2021/07/31)


防護服を着て、飲料水の採取方法などを確認する訓練参加者=29日、市内三和町の県放射線監視センター (2021/07/30)

>>過去記事一覧
男女共同参画へ柏崎フォーラム

 柏崎フォーラム(同実行委員会、市、柏崎地域こころのケアセンター、かしわざき男女共同参画プラン推進市民会議主催)が5日、市民プラザで開かれた。男女共同参画の視点で中越沖地震を振り返った朗読劇、古典落語の人情噺(はなし)で改めて人のきずなの大切さをかみしめた。

 フォーラムは、昨年の地震で中止になり2年ぶり23回目。「共につくる希望の未来―私から・あなたから・地域から―」をテーマにした。開会のあいさつで中川ナツ子実行委員長は「男女平等のまちづくりへ一層の広がりを」、会田市長は「共同参画実現への障壁を取り払っていかなければならない」などと呼び掛けた。

 日程は、朗読劇から幕を開け、長井満・柏崎演劇研究会代表の脚本による「地を震わせ、人の心を震わせた7・16・10・13」をフォーラム実行委員が上演した。避難所で知った人の善意、炊き出しの豚汁の温かさに癒やされたことなどを語った。家庭や職場を通して、共同参画の道のりの長さも訴え、「地震を機会に一歩も二歩も」と力を込めた。

(2008/10/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。