PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
震災復興の第51回市展がソフィアで開幕

 市内最大規模の美術展として親しまれる市美術展覧会(通称・市展、市、市教委主催、刈羽村教委共催)が11日から、ソフィアセンターで始まった。昨年は中越沖地震で中止となり2年ぶり。市民の力作がずらりと並ぶ会場は、震災からの復興へ力強さであふれ、訪れる人たちを魅了した。

 今年の応募は日本画・洋画・彫刻・工芸・書道・写真の6部門に、合計で405点。その中から厳しい審査を経た入賞34点、入選277点の311点、それに各部門の審査員・運営委員・委嘱作家から70点が出品され、全体では381点が展示された。一昨年に比べ、応募点数で106点、入賞・入選点数で64点の減。展示合計では76点下回り、震災の影響は免れなかった。

(2008/10/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。