PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
博物館で18日から「山崎弁栄」の特別展

 市立博物館が18日から、如来光明主義を提唱した僧侶・山崎弁栄(べんねい)をテーマにした特別展を開く。会期は11月16日まで。26日はミュージアム・トーク。

 山崎弁栄(1859―1920、現在の千葉県柏市出身)は明治・大正時代の僧侶。21歳で仏門に入り、東京芝学寮での研さん、筑波山での2カ月に及ぶこもり念仏行、一切経の読破を行い、如来光明主義を提唱。全国各地で伝道を行うかたわら、善光寺(千葉県松戸市)の建立、浄土宗本校(現大正大学)、光明学園(神奈川県高座)の創設に尽力した。

 新潟県内を伝道した折に体調を崩し、市内若葉町の極楽寺で62歳の生涯を閉じた。宗派のわくを超え、念仏のあり方、それによって生かされていることを伝えるなど弁栄の人柄、説法で多くの人が慕った。特別展では極楽寺で所蔵される資料を中心に、仏画、書画など約30点のほか、数珠、手紙などで生前の事績を紹介する。

 会期中の時間は午前9時から午後5時まで。入場料は大人が500円、高校生が200円、中学生以下は無料。月曜日休館だが、祝日の場合は翌日の火曜日。

(2008/10/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。