PHOTOニュース

3密を避けながら、250年の伝統をつないだ花市=11日午後4時過ぎ、市民プラザ前 (2020/08/12)


今夏初の猛暑日に、海水浴を楽しむ家族連れら=10日午前、石地海水浴場 (2020/08/11)


結成10周年記念のTシャツを贈ったブルボンウォーターポロクラブ柏崎の横関副理事長と、相田院長ら=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2020/08/08)

>>過去記事一覧
原発主排気筒の関連配管に亀裂

 東京電力は15日、中越沖地震で停止して定期検査中の柏崎刈羽原発3号機で、主排気筒から放出する気体の放射能濃度を測るためのステンレス製サンプリング配管(直径2センチ)に幅最大約4ミリ・長さ約5センチの亀裂が見つかったと発表した。14日午後、配管の保温材を取り外して点検中に確認された。亀裂部分は腐食しており、地震との関係を含めて原因を調べる。

 この配管は屋外にあり、主排気筒と放射能濃度測定用の試料採取装置をつないでいる。管内の圧力が低いため、亀裂部から外気を吸引して測定に影響を与えた可能性があるが、管は厚さ約3センチの保温材で覆われていることから、東電はその影響は小さいのではないかと見ている。

(2008/10/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。