PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柿渋入り米粉めんを試作

 新道柿栽培組合(鴨下純二組合長、組合員96人)は柏崎食堂組合の加盟店などの協力で、昨年の柿ペースト入りうどんに続き、柿渋を練り込んだ米粉めんの試作に取り組んでいる。

 新道産の柿渋と柏崎産米100%の米粉めんとのコラボレーションで、特産めんを目指す地産地消の取り組み。柿は抗酸化作用のポリフェノールを含む。鴨下組合長(61)が無農薬の木から渋が1番のりやすい時期に収穫し、皮ごとつぶしてエキスを抽出した。米粉は小麦粉の高騰で用途が注目され、アレルギーの人でも心配がない。

 市内新道のそば店主・清水秀夫さん(58)が超微細の米粉に柿ペースト、布のり、柿渋をそれぞれ練り込んだめんを試作。米生産者、食堂・製めん業者らがこのほど、3食盛りのざるで試食をした。めんはほんのりとした柿色、緑、紫がかったグレー。参加者はめん同士のからみ方、こし、もちもちとした食感などを確かめ、「手ぶりで盛る量は少なめに」「たれは生じょう油ではどうか」などと感想を述べた。

(2008/10/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。