PHOTOニュース

「海で水球in柏崎」写真展を開催中の黒崎さん=5日、市内笠島、蔵ギャラリーMoku (2020/07/09)


1階開架スペースに設けられたビジネス支援コーナー。仕事のスキルアップなど約700冊が一つのコーナーに集められた=ソフィアセンター (2020/07/08)


「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)

>>過去記事一覧
谷根で「さけの森」の植樹

 森は海の恋人、川はその仲人――をキャッチフレーズに、第4回「谷根川さけの森づくり」の植樹が25日、市内谷根の六拡トンネル出入り口付近の広場で行われた。約80人が参加してケヤキやサクラを植え、傷んだ支柱などを取り換えた。

 森林で生み出されるミネラルが海藻やプランクトンを増やし、魚の生息環境を育んでいることが、近年の研究で知られるようになり、全国で漁業者による植林が盛んになっている。市内でも2004年に、さけます増殖事業協会、漁協、森林組合、谷根と青海川の町内会などが「谷根川さけの森づくり推進協議会」(会長=石田高・柏崎刈羽内水面漁協組合長)を結成。05年度からケヤキやサクラの木を植えている。

 今回は米山小児童14人をはじめ、両町内の住民、海生研、増殖事業協会、ボランティアら80人が参加。下草刈りや古くなって傷んだ支柱の取り換えを中心に、枯れてしまったケヤキ10本、サクラ6本を植え替えた。

(2008/10/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。