PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
アジアの原子力関係者が柏崎原発視察

 アジア・グローバル原子力人財育成フォーラムが28日、東京電力柏崎刈羽原発で行われ、参加したアジア6カ国の大学、原子力関係者9人は中越沖地震被災時の対応などに関心を示した。

 今回の訪問は、経済産業省と文部科学省の「アジア人財資金構想」事業の一環で、東海大学国際戦略本部(山田清志本部長)が企画した。参加国は原発導入を検討しているベトナム、インドネシアなど。一行は原子炉建屋を視察後、同原発で意見交換を行い、自衛消防体制などの安全管理、運転停止に伴う電力供給などを質問した。

 東海大に留学経験があるインドネシア科学技術評価応用庁のマルザン・イスカンダール副長官は「地震で心配したが、重要な機器に影響がほとんどなかったと聞いて安心した」と語った。

(2008/10/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。