PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
農林漁業の女性たちが意見交換

 農林漁業で活躍する女性が交流し、担い手確保・育成を進めようという意見交換会(県柏崎地域振興局農業振興部など主催)が5日、ワークプラザで開かれた。それぞれの実情を説明し、連携へキーワードを探った。

 意見交換会は、農林漁業の研修生の受け入れ、担い手・後継者の確保・育成に女性の役割が不可欠であるとともに、直売所、農産物加工など起業的な経営に取り組む女性が増える中、互いに連携を深め、地域の活力、担い手確保につなげることが目的。同振興部は林業、漁業は管轄外だが、枠組みを超えての取り組み。昨年度、関係機関・団体で第1回を開いたのに続き2回目。今回は実際に農林水産業に従事する女性を加え、24人が集まった。

 話し合いでは、担い手不足と言っても、農業と林業、漁業では内容が異なること、育成のシステムがそれぞれ違うことなどが浮き彫りになった。一方で、農林漁業とも「冬場に仕事がなく、後継者が育たない一因」という共通の悩みが披露され、「園芸を導入したが、冬場の人手が足りない」なども報告された。

(2008/11/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。