PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
会田市長が再選後初登庁

 市長選から一夜明けた17日、会田市長は再選後初登庁をし、職員への訓示を行うなど、中越沖地震からの復興途上にある柏崎の2期目の市政へ固い決意を見せた。

 会田市長は同日朝、大勢の職員らの拍手に迎えられて市役所正面玄関に入った。女性職員から贈られた花束を高く掲げ、笑みを浮かべて拍手に応えた。

 続いて、大会議室で4役、部課長級職員らに訓示を行った。市長は選挙結果を振り返り「市民が正しく会田市政を評価していただいた結果。日ごろからの皆さんの取り組みに感謝したい」とし、「引き続き市民の声が生かされる市政、市民の目線に立った公平で公正な市政を基本的な考え方として堅持する。職員もそれぞれの部署で頑張ってほしい」と述べた。

 また、市の山積する課題の中で、当面の課題として地震からの復旧・復興、財政立て直し、東京電力柏崎刈羽原発の安全性の確認・確保、その上に立っての運転再開の3点を挙げた。市長は「新年度予算編成に当たって、マニフェストで市民に訴えた課題の具体化に向け、十分知恵を絞ってほしい」などと協力を求めた。

(2008/11/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。