PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
地団研が23日に「中越沖」調査報告会

 中越沖地震調査報告会「柏崎・刈羽をおそった地震の被害と地盤」が23日、市民プラザ・波のホールで開かれる。時間は午後1時半から4時半。主催は地学団体研究会(地団研)新潟支部新潟県中越沖地震調査団(団長・小林巌雄新潟大名誉教授)。

 調査団は地震後、延べ660人が41日間の現地調査を行い、柏崎刈羽地域の建物と地盤の被害状況を調べた。その成果を報告する。講演は「中越地震・中越沖地震の特徴」(久保田喜裕・新潟大准教授)、「地震の中の博物館」(三井田忠明・市立博物館長)、「中越沖地震の被害状況―被害と地盤」(徳間正一・元産大附属高教諭ほか)。入場無料。定員280人。

 地団研は、調査報告書の冊子(定価1200円、画像資料集CD付き)も発刊。市内のわたじん書店、コメリ書房で取り扱い中だ。

(2008/11/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。