PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
刈羽村の再生古民家で収穫祭

 刈羽村油田の再生古民家「ひだまりの里」で16日、地元集落が収穫祭とそば打ちを行った。施設の活用を考える新しい村内組織も立ち上がった。

 この日は、村内外の有志でつくる「子どもたちのための古民家再生委員会」(佐藤茂代表)がかや刈り、冬囲いの準備を行った。油田集落が古民家で初めて行った収穫祭ではネギ、大根、特産物などの販売をし、女性たちが手打ちそばで腕をふるった。

 用意したそばは100人前。中越沖地震で壊れたかまどは復元し、まきで火をたき、大鍋で湯を沸かした。女性らは「地元で採れたそばをひき、地元の山で掘ってきたじねんじょと卵を混ぜた。手間をかけた」とにっこり。いろりを囲んで参加者らは打ち立てのそば、はさ掛けの新米で作ったおにぎりに「最高の味」と舌鼓を打った。

 活用を考える村内組織は各種団体、教育関係者、行政など16人でスタート。活動7年目に向け、引き続き体験活動、健全育成などの事業を検討する。

(2008/11/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。