PHOTOニュース

北半田のアパートの一室で発覚した死体損壊・遺棄事件で、都内から捜査本部のある柏崎署に移送された佐藤容疑者=23日午前2時過ぎ、同署 (2020/10/23)


柏崎署に設置された捜査本部。会見を行う金子隆柏崎署長、岡本義美刑事部長、中俣進捜査1課長(左から)=21日午後7時過ぎ、柏崎署 (2020/10/22)


谷根川河口近くで始まったサケの捕獲作業=市内青海川 (2020/10/21)

>>過去記事一覧
知事が会見で不況対策に決意示す

 泉田知事は5日、県内ローカル紙などとの新春記者会見に臨み、年頭の所感として、経済不況に対し雇用創出やセーフティーネットを万全にするなど県民の生活を守っていくことに専念する決意を示した。

 政策面では特に農業に力点を置き、「世界全体では食糧不足であり、日本が金で買うことは貧しい国から奪い取っていることと同じ」とし、食糧自給率アップの重要性を訴えた。本県を食糧生産基地とするため、国に施策などの仕組みについて提案していきたい考えだ。

 柏崎市・刈羽村と佐渡市を指定地域として県が申請中の経済産業省のモデル事業「電気自動車プラグインハイブリッド車タウン構想」は「認められることを期待している」とコメント。「世界中の20%から30%が電気自動車に置き換わるとしても膨大な需要が見込まれる」と述べ、雇用と地球に優しい産業の創出につながることに言及した。

(2009/ 1/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。