PHOTOニュース

放射線物質の付着を確かめるスクリーニング訓練。市内の枇杷島地区の人たちが参加した=24日、上越市の直江津港南ふ頭緑地公園 (2020/10/26)


北半田のアパートの一室で発覚した死体損壊・遺棄事件で、都内から捜査本部のある柏崎署に移送された佐藤容疑者=23日午前2時過ぎ、同署 (2020/10/23)


柏崎署に設置された捜査本部。会見を行う金子隆柏崎署長、岡本義美刑事部長、中俣進捜査1課長(左から)=21日午後7時過ぎ、柏崎署 (2020/10/22)

>>過去記事一覧
新市民会館設計プロポーザル239者参加表明

 市は、仮称・新市民会館の設計者の選定を公募型プロポーザル方式で行うことから、参加表明書を昨年12月25日まで受け付けたところ、関東圏を中心に239者から提出された。年明けの5日から提案書の受け付けを開始しており、7日現在提出はないが、締め切り間近に集中するものと見られる。

 市では、公募型プロポーザル方式の実施に当たって、12月1日付で実施要領を公表。この参加の前提となる表明書の提出を受け付けていた。提案書では実施要領で示した「配置計画」「施設機能」「施設の日常的なにぎわいの醸成」「環境への配慮」「イニシャルコスト・ランニングコストの削減・軽減」「提案者が独自に提案を行いたい事項」――の6つの課題をまとめて提出する。

 提案書の受け付けは22日まで。市新市民会館整備推進室では「参加表明書を提出した者すべてが、提案書を提出するとは限らないが、他市の事例では、少ない場合で参加表明数の4割、多い場合は8割程度が提出している」とし、今回は100者から150者程度を見込む。

(2009/ 1/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。