PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
韓国の正月をテーマに地球市民キッズ

 柏崎地域国際化協会が5日、地球市民キッズのウインタースクールを市民プラザで開き、「韓国のお正月」をテーマに、冬休み中の小中学生16人が参加した。

 この日は、韓国テグ市からの新潟産大交換留学生・張聖姫さん(21)が講師を務めた。韓国と日本の同じところ、違うところなどを話し、「子どもはどちらの国も明るくて同じだが、韓国にはランドセル、コイノボリがない。韓国の1番人気はクレヨンしんちゃん」などと述べた。

 韓国の民族衣装、チマ・チョゴリを着る体験に参加者の笑顔が広がり、張さんは「正月に韓服(ハンボク)のチマ・チョゴリを着て、スカートの中に、“福”をたくさん入れる」と説明。「セベ」といったお年玉のもらい方なども教わった。昼には、韓国の雑煮のトックを作り、張さん特製のチジミ、キムチなども味わった。

(2010/ 1/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。