PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
北条で「絆」のイルミネーション再点灯

 北条地区の冬の名物となった「フェニックスと絆(きずな)」のイルミネーションが20日、北条南小校庭にスケールアップされて再点灯し、地域を明るく照らし始めた。

 中越・中越沖の2度の地震で大きな被害を受けた同地区では、コミュニティ振興協議会(江尻東磨会長)が中心になり、2年前から雪上運動会に代わって、「絆」をキーワードに住民の心をより強く結びつけ、防災力を高めるスノーフェスタを開催。復興へのシンボルとして、多くの支援に感謝の気持ちを伝えるのが「フェニックスと絆」のイルミネーションだ。

 これまではコミュニティセンター前で点灯してきたが、地区の小学生全員が通い、夕方に帰宅する中学生や住民からも良く見える場所に――と、今冬は北条南小のグラウンドに変更。昨年暮れ、赤いフェニックスが輝く高さ9メートルの円すいと緑色の「絆」の文字を取り付けて試験点灯していた。

(2010/ 1/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。