PHOTOニュース

復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)


2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2020/07/01)

>>過去記事一覧
高柳産のそばを仮店舗で提供

 市内高柳町の素朴なそば文化を継承している「結(ゆい)の百姓グループ」(米山秀喜代表)が29日、同町岡野町、こども自然王国河川公園駐車場に仮店舗「ふかぐら亭」を開店した。

 同グループは4年前から地元生産組織と協力し、黒姫山の標高の高い休耕地を開墾してそばを栽培。年1回、収穫した新そばを味わう会も開いてきた。

 中越沖地震の復興基金を活用し、秋には常設店舗をオープンさせる予定。その前に、昨年秋のそばを多くの人から食べてもらいたいと、プレハブ店舗を開設した。期間は10月25日まで、火曜日は休み。営業時間は午前11時半からで、その日用意したそばがなくなり次第終了。

(2010/ 5/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。