PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎原発1号機起動を県技術委が了承

 「県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会」の会議が11日、県自治会館で開かれ、中越沖地震で被災した東京電力柏崎刈羽原発1号機について、起動試験に進むことを了承する結論を取りまとめた。遅くとも来週中には県に報告書を提出する。

 1号機は中越沖地震の揺れが7基の中で最大だった。経済産業省原子力安全・保安院と原子力安全委員会が起動を容認したことを受け、4月16日、東電が起動試験に向けて県・市・刈羽村に運転再開の事前了解を申し入れた。自治体側は技術委の報告を踏まえて是非を判断する見通しだ。

 会議では、東電から1号機の設備健全性、耐震安全性は確保されているとの説明があり、技術委の「設備、耐震」「地震、地質・地盤」の各小委員長がこれまでの議論の状況を、事務局の県が県民から寄せられた質問を報告した。1号機の結論を出すことに立石雅昭委員(新潟大教授)が「議論が尽くされているとは思えない」と反対したが、最終的には、この日就任した鈴木賢治座長(新潟大教授)が「起動に安全上の問題はないと判断していいということで進めたい」と取りまとめた。

(2010/ 5/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。