PHOTOニュース

縁起物の「貫通石と記念の升」セット (2020/07/15)


県の復興再生事業が完成したえんま通り商店街。街並みのきれいさ、開放的な雰囲気から新たな業態の進出が予定される=市内東本町2 (2020/07/14)


(2020/07/13)

>>過去記事一覧
中通小児童がマコモタケの田植え

 市内矢田の棚田で7日、中通小(矢嶋繁子校長)の3・4年生19人が柏崎野菜の1つ、マコモタケの田植え作業を行い、秋の収穫を楽しみにした。

 マコモタケはイネ科の多年草・マコモの花芽が肥大化したもの。シャキシャキとした食感で、当初は中華料理の食材として利用されたが、最近は和食、洋食などにも工夫され、多くの人から食べられるようになった。矢田営農組合(石黒芳和代表、組合員40人)では4年目の栽培で、昨年より広い50アールの作付けを予定する。

 3・4年生のマコモタケの田植えは昨年に続く。時折、小雨の降るあいにくの天候だったが、はだしになった児童は元気いっぱい。約7.2アールの田んぼに1列に並び、1メートル間隔に約30センチの苗をていねいに植えた。

(2010/ 5/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。