PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
西山・大田地区で全戸に「緑のカーテン」を

 市内西山町の大田地区コミュニティ振興協議会(黒坂鉄夫会長)は16日、ニガウリのゴーヤを日よけ代わりの「緑のカーテン」に育ててもらおうと地区の全世帯に苗などを配った。

 同協議会は昨年、コミュニティセンター入り口でアサガオを緑のカーテンとして育てた。今年は「涼しげな景観と食も」とゴーヤ栽培に地域で取り組む。役員約20人が3集落の152世帯にポットの苗2株とプランター1個ずつを配布。各戸でプランターに植え付け、ツルが伸びたら窓辺やベランダに支柱やネットを取り付けてもらう。

 ゴーヤはビタミン類が豊富とされる。環境活動、景観づくり、健康食材の栽培と一石三鳥の取り組みだ。

(2010/ 5/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。