PHOTOニュース

合併協定調印を行った鵜川振興協議会の関会長(右から3人目)、野田コミュニティ振興協議会の力石会長(同5人目)ら=14日、鵜川コミセン (2021/01/15)


飯塚鉄工所の軽井川工場。隣接地約1万8千平方メートル(写真手前)に新工場を建設する=柏崎フロンティアパーク (2021/01/14)


「セブンさぽーたーズ・えんまの手鏡」の「合格祈願」セット (2021/01/13)

>>過去記事一覧
「低炭素社会」へ努力、環境衛生推進協総会

 市環境衛生推進協議会(徳間正一会長)が19日、産文会館文化ホールで2010年度総会を開いた。市内各地区から約350人が集まり、低炭素社会の実現と地球環境の保全などを確認した。

 会では徳間会長が「ごみ減量のための分別、リサイクルはもちろん、地球規模での温暖化対策が求められ、当協議会でも時代とともに役割を変えていかなければならない。温暖化防止へノーマイカー、節電などに努め、環境美化でより明るく住みよい柏崎を築いていきたい」とあいさつ。

 市長代理の山田副市長は「家庭ごみの有料化は特に混乱もなく、スムーズに移行でき、減量化が進んでいる。リバウンドしないため、いろいろな施策を講じる必要がある」としながら、クリーンデー柏崎、ノーマイカーウイークなどへの多くの参加を呼び掛けた。

(2010/ 5/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。