PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
宝蔵寺のツツジが見ごろ

 刈羽村滝谷の宝蔵寺(伊佐智海住職)でようやく、本堂裏手にある大ツツジが満開になった。天候に恵まれれば22・23日が一番の見ごろになりそうだ。

 同寺の境内では四季折々にいろいろな花が咲き誇る。中でもツツジの木は樹齢200年以上といわれ、枝が重なり合った姿は大きな亀の形に見えることで知られる。例年、5月中旬に真っ白い花が満開となり、ツツジの中で開かれる観賞茶会は名物行事。

 今年も16日に茶会が開かれ、地域の人や西中通地区の歩こう会をはじめ、県内外の大勢の人が訪れたが、春からの低温で花は1週間程度遅れ、この日は5分から7分咲き。今週に入って満開を迎えた。同寺では自由に見学してほしいという。

(2010/ 5/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。