PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
急患センターの09年度患者は2600人

 市内北半田2、刈羽郡総合病院(藤原正博院長)で内科・小児科の「柏崎休日・夜間急患センター(略称・急患センター)」が開設され、今春で丸3年。2009年度の利用状況がまとまり、来院の患者数は約2600人に上ったことが分かった。急患センターは同病院を主体に、柏崎市刈羽郡医師会(高桑正道会長)、柏崎薬剤師会(飯沼真理子会長)の協力で運営するもので、市民の安全・安心に大きな役割を果たす。24日夜、郡病院内で開かれた同センター運営協議会で状況が報告された。

 急患センターは、市が05・06年度にかけて開いた医療問題懇談会での提案を受け、県内や全国に先がけた運営方式で郡病院内で07年度に開設された。休日・夜間診療体制の充実を求める市民要望に応えるとともに、郡病院の医師の過重労働の回避のため、1次救急(入院を必要としない)、2次救急のすみ分けを目指した。

(2010/ 5/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。