PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
首都圏2市の一行が地震体験学ぶ

 県が提唱する「防災グリーンツーリズム」の全体交流会が27日、市内栄町の市健康管理センターで行われ、川崎市と埼玉県蓮田市の自主防災組織や福祉関係団体など約35人が、中越沖地震での被災者の健康管理や心のケア体験などを学んだ。

 防災グリーンツーリズムは、農業体験、田舎体験などを行いながら、大災害時に都会の人たちをスムーズに受け入れる態勢をつくろうというもの。昨年7月に長岡市山古志地域で行われたのに続き2回目。今秋にも開催を予定している。

 開式で地元を代表して長井武彦・市産業振興部長が中越沖地震時の支援に感謝し、歓迎のあいさつ。中野和信・蓮田市長は「災害はあってはならないが、地域振興を兼ねてつながっていることは人間社会で大事な部分。有意義な研修になる」と期待を込めた。

(2010/ 5/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。