PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
まちかどオアシス、09年度は5700人利用

 市が、市内東本町1のフォンジェ地下で開設している「まちかどオアシス『こころ』」の2009年度の利用状況がまとまった。来所者数は延べ約5700人に上り、市民の心のよりどころとして大きな役割を果たしたことが分かった。

 「こころ」は05年5月、市の「こころの健康づくり」事業の一環として開設された。市策定の「健康みらい21」で青壮年の自殺予防が課題となる中で、心身の健康に不安や心配のある人たちの早期発見、早期ケアを目指してきた。

相談は市保健師、精神保健福祉士らが応じる。人と話をすることで、ホッと一息つける場として利用してもらい、サロン的な雰囲気を醸し出す。毎月のミニ講話などにも取り組む。併せて、市内7カ所の福祉作業所の製作品を展示している。

09年度のまとめでは来所者数は延べ5744人を数え、このうち延べ692人が相談を受けた。前年度に比べ、来所者数は1070人の増、相談者数は67人の減だった。

(2010/ 5/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。