PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市防災学校で「地域の役割」意識高める

 市の春期防災学校が29・30日、市内三和町の市消防本部で行われ、町内会や自主防災組織の関係者ら45人が災害時における地域の役割を学び、救命などの技術を身につけた。

 防災学校は、災害時の心構えを学ぶことで、安心して暮らせる地域づくりを目指そうと、1997年から開設されている。2008年までは秋の1回だったが、昨年から春・秋の2回となった。

 1日目は市建築住宅課による「災害に強い家づくり」の講義で、地震で被害が大きかった住宅の特徴、耐震診断の方法について学習。また、北条地区コミュニティ振興協議会の江尻東磨会長が「災害に負けない住民主体のまちづくり」と題して講演。中越地震を教訓に防災組織を立ち上げ、情報の伝達・収集や災害時要援護者登録の整備などを進め、中越沖地震の際はその訓練成果を生かすことができた地域の取り組みを紹介。「日ごろからイベントなどで住民同士の顔が分かるようにし、運動会などにも防災クイズやたき出し訓練を加えている」など日常の積み重ねの大切さを強調した。

(2010/ 6/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。