PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
豊かな表情、植物スケッチ・写真展

 柏崎植物研究グループ(相沢陽一会長)の植物スケッチ・写真展が20日まで市立博物館で開かれており、豊かな自然の表情で楽しませている。

 同グループは1988年に発足して以来、柏崎刈羽地方の植物の調査・研究活動などを進めてきた。スケッチ・写真展はこれで17回目。会場には、会員が日ごろ取り組んだ作品合わせて約80点が並んだ。市内でも見られ、雪解けを待って咲くイソスミレ、ナガハシスミレをはじめ、八丈島のシマホタルブクロ、ガジュマルなどの写真パネル。また、オオヤマザクラ、ムラサキケマンなどのスケッチが丹念に描かれた。来場者は「日ごろ見慣れた植物を改めて見直した」などの感想を寄せた。

(2010/ 6/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。