PHOTOニュース

県の復興再生事業が完成したえんま通り商店街。街並みのきれいさ、開放的な雰囲気から新たな業態の進出が予定される=市内東本町2 (2020/07/14)


(2020/07/13)


グランドオープンした柏崎港に浮かぶ漁菜マーケット「夕海」=11日午前、市内番神1 (2020/07/11)

>>過去記事一覧
北条地区で防災マップ製作中

 2度の大震災を教訓に地域防災力のアップに努めている市内北条地区コミュニティ振興協議会(江尻東磨会長)で防災マップづくりが進んでいる。22・23日には、土砂災害の心配な場所、井戸・わき水の位置などをパソコン上の航空写真と地図、大きな紙の地図の両方に書き込む作業がコミセンで行われた。マップ完成は7月上旬の予定だ。

 防災マップの必要性はこれまでも話題に上っていた。7月26・27日に同地区が災害時のボランティア受け入れ(受援ボランティア)の検証の場になることから、その際にも地図が必要なため、今年度の重点事業として取り組んだ。

 事前に21の町内会がそれぞれ、町内の消火栓・防火水槽、避難場所、集会施設、福祉・教育施設、井戸・わき水、土砂災害の心配な場所、水害や地震で通行不能となる恐れのある橋などをリストアップし、今回、入力・書き込みをした。

(2010/ 6/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。