PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
フレーム切手「かしわざきの四季」製作

 市制70周年記念のフレーム切手「かしわざきの四季」が製作され、この贈呈式が2日、市役所で行われた。切手は柏崎の年中行事や豊かな自然が題材になっており、会田市長は「中越沖地震からの復興への弾み」と喜んだ。

 フレーム切手は、市制70周年にちなんで、郵便局として柏崎の観光PRに寄与できないかと作製を提案。市観光交流課から写真の選定、提供などの協力を得た。シートには「海の柏崎と米山」をメーンに、「海の大花火大会」「綾子舞」の写真を入れ、80円切手10枚で構成。赤坂山公園の桜、えんま市、狐の夜祭り、雪割草などを切手の意匠にした。

 2日は柏崎刈羽、長岡、出雲崎でつくる中越南部地区統括局長の品田忠利・荒浜郵便局長らが訪れた。品田局長は「『人と自然』をテーマに、柏崎のすばらしさを全国に発信していきたい」と述べた。

(2010/ 7/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。