PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
復興祈念し「心のケア」シンポ

 県精神保健福祉協会柏崎地域こころのケアセンターが4日、中越沖地震復興祈念シンポジウム「あれから3年 中長期のこころのケアとコミュニティ」を市民プラザで開いた。町内会長や保健師など4人のパネリストが被災者支援の現状と課題などを語り、地域づくりが心のケアに果たす役割を改めて確認した。

 最初に兵庫県立精神保健福祉センターの藤田昌子・主任精神保健福祉専門員が「中長期のこころの問題について」とした講演を行った。阪神・淡路大震災の経験から災害後の心や体の変化、復興期の問題、心のケアに必要なことなどを述べた。

 パネルディスカッションでは、「震災後のコミュニティにおける現状と課題」をテーマに、パネリストが仮設住宅、復興公営住宅の支援にかかわった立場から語った。この中で、白川信彦・市復興支援室長は復興住宅で各棟に管理人、各階に班長を置き、階ごとのミニミニ集会、お助け隊の登録、情報紙の発行でコミュニティづくりを進めているとした。

(2010/ 7/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。