PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
宝田地内にコウノトリ飛来

 市内宝田地内の水田で19日、国の特別天然記念物コウノトリが飛来しているのが確認された。足輪がついており、兵庫県豊岡市で放鳥されたうちの1羽と見られる。柏崎刈羽でのコウノトリの確認は、1986年12月に市内西山町で目撃されて以来。

 コウノトリを発見したのは市内橋場町の公務員・河合則雄さん(59)。午後1時半ごろ、国道8号柏崎バイパス予定地に近い、自身が耕作する水田をパトロールしていて、日ごろは見ない鳥が目の前にいるのに気がついた。河合さんは2年前の夏、コウノトリとの共生、環境にやさしい農業を実践している兵庫県豊岡市のコウノトリの郷公園を訪問し、飛翔する姿を見ており、「間違いなくコウノトリ」と直感した。

(2010/ 7/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。