PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市内海水浴場の入り込みが100万人突破

 市は2日、市内15海水浴場の今夏の入り込み客数が101万2270人になったと発表した。7、8月の2カ月間の集計。昨年より約34万人(51・4%)の増で、100万人突破は2006年の約103万人以来4年ぶりだ。

 市内海水浴場の入り込みは、07年に中越沖地震で大きく落ち込み、昨年は長雨の影響で前年実績の約9割にとどまった。しかし今夏は記録的な猛暑となって天候が安定。15海水浴場すべてで前年の入り込み客数を大幅に上回った。2日の定例記者会見で会田市長は「海水浴客100万人の大台を回復することができた。中越沖地震後、柏崎地域観光復興推進協議会を中心に多くの関係者が粘り強く誘客活動を進めてきた結果だ」と評価した。

(2010/ 9/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。