PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
産大附属で就職内定願い激励会

 来春卒業予定の高校生の就職選考が16日から始まった。市内安田の産大附属高(小野敏夫校長)は15日、選考開始を前に就職希望者の内定を願う激励会を校内で開いた。

 同校では3年生97人のうち27人が就職を希望。就職試験で上京した生徒を除く志望者が講堂で内定祈願のおはらいを受けた。小野校長は「君たちは大きく成長し、経済的な自立ができれば一人前。就職試験という関門を通って自立をする。チャンスは次々とある」と激励した。市内大久保1、御嶽山神社の佐藤明史宮司は「(就職先で)かわいがってもらうには、自分を、会社を、仕事を好きになるのが一番。校長先生の言葉と、この学校で培ったことを胸に頑張ってほしい」と呼び掛けた。

(2010/ 9/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。