PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
「門出を祝う米づくり」で稲刈り

 人生の新しい出発に、門出・大開(おおびらき)米を――と、門出棚田愛農会(中村新吉会長)が呼びかけた「門出を祝う米づくり」の稲刈りが18・19日、市内高柳町門出の大開の棚田で次々と行われた。

 縁起の良い地名を生かした体験交流事業で、昨年からの取り組み。今年は市内と新潟市の3組が田植えや草取りなどの作業を進めた。

 このうち、18日に収穫作業を行ったのは新潟市在住の公務員、池田淳さん(39)・奈菜子さん(29)。奈菜子さんが昨年、県柏崎地域振興局に勤務して、この企画を知った。2人とも米づくりは初めて。3月に入籍、25日に新潟市内で披露宴を行い、出席者に2人から門出和紙で特別包装した新米をプレゼントする。

(2010/ 9/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。