PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
旧満州柏崎村開拓団慰霊の仏像を安置

 終戦の混乱で亡くなった旧満州柏崎村開拓団の人たちの霊を慰める「聖観音菩薩(ぼさつ)像」が今年夏、満州開拓民の苦難を著書で伝えた市内大久保1の故深田信四郎さん宅から、同藤橋の真言宗・摩尼珠院(内山知英住職)に安置された。

 この観音像は戦後、柏崎市出身で兵庫県西宮市に移住した故須田芳郎さんが、満州引き揚げ者の世話をしたことをきっかけに、柏崎村開拓団の供養のためにと木彫りで2体制作した。1体は比叡山・松禅寺に納められ、もう1体が1983年、深田さんに届けられた。柏崎村開拓団の犠牲者134人を出した58世帯の小仏が観音像の足元に並び、1体ずつに犠牲者と家族の名前が記されている。

(2010/11/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。