PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
松田伝十郎の「まちしるべ」再び

 柏崎青年会議所(JC、高橋武理事長)は23日、市内米山町聖が鼻の展望台広場で、カラフト発見で知られる松田伝十郎の石碑の脇に「まちしるべ」を設置して除幕式を行った。風雨の強いあいにくの天候だったが、柏崎JC会員をはじめ、地元米山町の町内関係者など約40人が集まった。

 「まちしるべ」は柏崎JCが市内各地に残る文化遺産などを顕彰する目的でゆかりの地に設置している石碑。1997年、同JC40周年を記念してスタートし、その後10年をかけて50基を設置した。

 今回、その一つである松田伝十郎のまちしるべが中越沖地震の地滑りで海に落下し、行方不明となったことから、改めて作り直した。石碑自体も同時に落下したが、発見されて昨年10月に再び設置されている。

(2010/11/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。