PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
エネシンポ、住民が輝くまちづくりを

 原子力立地地域の自治体職員や地域振興の関係者らがまちづくりを考える「エネルギーシンポジウムin柏崎・刈羽」が29・30日に開かれた。パネルディスカッションでは、住んでいる人が輝いているまちづくりが呼び掛けられ、行政や商工団体の若手職員の役割の大きさ、住民参加の大切さが語られた。

 シンポジウムは経済産業省資源エネルギー庁と市・刈羽村が主催し、全国から約300人が参加。初日は産文会館が会場となった。開会式で同庁電力・ガス事業部の横尾英博部長は「原子力発電推進には地域共生・振興を図っていくことが大事」と述べ、電源立地地域対策交付金の重要性を引き続き訴えていく考えを示した。

(2010/11/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。